東京都

生誕95周年記念 特別企画展「一生勉強 一生青春」

「一生勉強 一生青春」を旗印に駆け抜けた67年。
その人生を10年ごとに刻んで観る。
1924(大正13)年生まれの相田みつをは、戦中戦後の動乱の時代に青春時代を過ごす。その後、書家・詩人として独自の道を歩み、1991(平成3)年に亡くなった。
本来、令和元年5月20日に存命であれば95歳となる。
生誕95周年を記念する本展は、初めての試みとして、10年単位で作品を展示する。20代の習作期、30代の試行錯誤期、40代で自分のスタイルを確立させた時期。その後に、初めての本『にんげんだもの』の作品が集中的に書かれた50代の充実期が続く。そして、短い晩年となった60代の円熟期を迎えるのだ。
時系列で作品を展観しながら、相田みつをの世界を一望する。

開催概要

  • 会期

    2019.05.282019.10.06
  • 会場

    相田みつを美術館
    http://www.mitsuo.co.jp/museum/index.html
    千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム地下1F
  • 観覧料金

    一般・大学生800円、中・高校生500円、小学生200円、70歳以上の方500円

    ※未就学児は無料
    ※障がい者及び付き添いの方1名無料
    ※ミュージアムショップのみのご利用は入場無料
    ※9月16日敬老の日は、65歳以上の方は入場無料

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    月曜日(7月15日、8月12日、9月16日、9月23日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

優しいほとけ・怖いほとけ

「優しいほとけ・怖いほとけ」は、飛鳥時代から江戸時代に至る仏教絵画・彫刻の優品約35件を展示し、ほとけの表情とその意味を考える展覧会。 ほとけは、その姿と役割からほぼ三種類に分類することができる。それは、仏教の真理を体現

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る