東京都

優しいほとけ・怖いほとけ

「優しいほとけ・怖いほとけ」は、飛鳥時代から江戸時代に至る仏教絵画・彫刻の優品約35件を展示し、ほとけの表情とその意味を考える展覧会。 ほとけは、その姿と役割からほぼ三種類に分類することができる。それは、仏教の真理を体現する厳かな「如来」、人々を苦難から救い福楽を与える慈悲の「菩薩」、そして、教えに従わない者や怨敵を屈服させる忿怒の「明王」だ。さらにこの忿怒相のほとけのグループには、武将の姿で外敵を撃退する四天王のような「天」も含まれる。
尊い釈迦如来を礼拝し、優しい観音菩薩に救いを求め、迷いや邪念を不動明王の猛火に投じ、毘沙門天に安堵を頼む―それにより人々は現世での健やかな人生を願ったのである。

開催概要

  • 会期

    2019.07.252019.08.25
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1100円、学生800円

    ※20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き
    ※中学生以下は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    月曜日(8月12日は開館)、8月13日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

没後50年 坂本繁二郎展

坂本繁二郎(1882-1969) は福岡県久留米市に生まれる。同級生に青木繁(1882-1911) がおり、互いに切磋琢磨する青年期を過ごしている。20 歳で青木を追うように上京。小山正太郎の主宰する不同舎に学び、展覧会

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る