東京都

マイセン動物園展

ヨーロッパ初の硬質磁器製造に成功し1710年に王室磁器製作所設立を布告したドイツのマイセン磁器製作所。本展ではマイセンの動物に着目し紹介する。 19世紀後半から20世紀初頭にかけてヨーロッパの美術工芸界で流行したアール・ヌーヴォー様式はマイセンにも影響を与え、カップ&ソーサーから彫像にいたるまで幅広く取り入れられた。また同時期のマイセンでは、釉薬の下に絵付けする釉下彩や釉薬の上から描いた絵の具を沈みこませる釉中彩といった技法が多用されるようになり、淡く繊細な色調の作品が作られていった。
一方、動物をモチーフとした美術作品は時代や地域を問わず制作されてきたが、それらは何かを象徴するために描かれたり成形されたりするものもあれば、そのもの自身の愛らしさを伝えるために制作されるものなど様々で、マイセンでも同様だった。とりわけアール・ヌーヴォー期の動物作品は、模様から表情まで、動物のしなやかさを表現することに成功し、リアルさと愛らしさを見事に両立させたのだ。 本展では、そのようなアール・ヌーヴォー期の作品を中心に構成している。磁器や炻器に加え、カタログなどの資料類も展示し、新しいアプローチでマイセンの造形と装飾をたどる。

開催概要

  • 会期

    2019.07.062019.09.23
  • 会場

    パナソニック汐留美術館
    https://panasonic.co.jp/ls/museum/
    港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F
  • 観覧料金

    一般1000円、65歳以上900円、大学生700円、中・高校生500円、小学生以下無料

    ※20名以上の団体は100円割引
    ※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料で入館可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    パナソニック汐留美術館、東京新聞
  • 休館日

    水曜日、8月13日~8月15日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※8月2日(金)、9月6日(金)は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る