東京都

メスキータ

サミュ工ル・イェスルン・デ・メスキータ(1868-1944)は、ユダヤ系オランダ人としてアムステルダムに生まれた。建築を学び、その後美術の世界に転じる。
30代から美術学校でデザインや版画の指導者として教鞭をとるかたわら、さまざまな技法を用いて個性的な版画を数多く制作。しかし1944年ナチスによって家族もろとも連れ去られ、全員強制収容所で亡くなる。
自宅に残されていた作品は、だまし絵で知られるM.C.エッシャーなど、教え子たちが必死に守った。欧州では近年、作品総目録が刊行され、展覧会も開催されるなどメスキータの紹介と再評価の気運が高まっている。
本展はドイツの個人コレクターの所蔵品を中心に、200点を超えるメスキータの全貌を紹介する日本初の展覧会。

開催概要

  • 会期

    2019.06.292019.08.18
  • 会場

  • 観覧料金

    前売=一般900円、高校・大学生700円
    当日=一般1100円、高校・大学生900円

    ※中学生以下無料
    ※20名以上の団体は、一般800円、高校・大学生600円
    ※障がい者手帳等持参の方は当日入館料から100円引き(介添者1名は無料)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京ステーションギャラリー[公益財団法人東日本鉄道文化財団]
  • 休館日

    月曜日(7月15日、8月12日は開館)、7月16日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る