東京都

高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの(東京展)

公式サイト

初の長編演出(監督)となった「太陽の王子 ホルスの大冒険」(1968年)で、悪魔と闘う人々の団結という困難な主題に挑戦した高畑は、その後つぎつぎにアニメーションにおける新しい表現を開拓していった。70年代には、「アルプスの少女ハイジ」(1974年)、「赤毛のアン」(1979年)などのTV名作シリーズで、日常生活を丹念に描き出す手法を通して、冒険ファンタジーとは異なる豊かな人間ドラマの形を完成させる。
80年代に入ると舞台を日本に移して、「じゃりン子チエ」(1981年)、「セロ弾きのゴーシュ」(1982年)、「火垂るの墓」(1988年)など、日本の風土や庶民生活のリアリティーを表現するとともに、日本人の戦中・戦後の歴史を再考するようなスケールの大きな作品を制作。遺作となった「かぐや姫の物語」(2013年)ではデジタル技術を駆使して手描きの線を活かした水彩画風の描法に挑み、従来のセル様式とは一線を画した表現上の革新を達成した。
このように常に今日的なテーマを模索し、それにふさわしい新しい表現方法を徹底して追求した革新者・高畑の創造の軌跡は、戦後の日本のアニメーションの礎を築くとともに、他の制作者にも大きな影響を与えた。本展覧会では、絵を描かない高畑の「演出」というポイントに注目し、多数の未公開資料も紹介しながら、その多面的な作品世界の秘密に迫る。
また本展は岡山県立美術館(2020年4月10日〜5月24日)に巡回予定。

開催概要

  • 会期

    2019.07.022019.10.06
  • 会場

  • 観覧料金

    当日=一般1500(1300)円、大学生1100(900)円、高校生600(400)円

    ※(  )内は20名以上の団体料金(いずれも消費税込)
    ※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料、それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等を要提示
    ※本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の所蔵作品展「MOMATコレクション」も観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京国立近代美術館、NHK、NHKプロモーション
  • 休館日

    月曜日(7月15日、8月12日、9月16日、9月23日は開館)、7月16日、8月13日、9月17日、9月24日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※金・土曜は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

特別企画 奈良大和四寺のみほとけ

奈良県北東部に所在する岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文殊院の四寺は、いずれも7〜8世紀に創建された古刹で、きわめて魅力に富んだ仏像を伝えている。奈良時代に流行した木心乾漆造の岡寺・義淵僧正坐像、平安時代初期の重厚な特色を備え

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る