東京都

特別企画 奈良大和四寺のみほとけ

奈良県北東部に所在する岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文殊院の四寺は、いずれも7〜8世紀に創建された古刹で、きわめて魅力に富んだ仏像を伝えている。奈良時代に流行した木心乾漆造の岡寺・義淵僧正坐像、平安時代初期の重厚な特色を備える室生寺・釈迦如来坐像、鎌倉時代に高度な技術で造られた長谷寺・十一面観音菩薩立像、安倍文殊院本尊の像内に納められていた文書など国宝4件、重要文化財9件を含む名品を展示する。卓越した造形と厚い信仰を物語るみほとけをぜひご堪能してほしい。
※本展は本館11室にて開催

開催概要

  • 会期

    2019.06.182019.09.23
  • 会場

    東京国立博物館
    https://www.tnm.jp
    台東区上野公園13-9
  • 観覧料金

    一般620円(520円)、大学生410円(310円)

    ※総合文化展観覧料および開催中の特別展観覧券(観覧当日に限る)で観覧可
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館した方(子ども1名につき同伴者2名まで)は、団体料金で総合文化展観覧可
    ※障がい者とその介護者一名は無料、入館の際に障がい者手帳などを要提示
    ※高校生以下および満18歳未満,満70歳以上の方は無料、入館の際に年齢のわかるもの(生徒手帳、健康保険証、運転免許証など)を要提示
    ※2019年9月16日(月・祝)は、観覧無料(特別展を除く)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京国立博物館、日本経済新聞社
  • 休館日

    月曜日(7月15日、8月12日、9月16日、9月23日は開館)、7月16日、9月17日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※毎週金曜日・土曜日は21:00まで ※9月20日(金)、21日(土)は22:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る