茨城県

近代陶芸の巨匠 板谷波山展

近代日本陶芸の巨匠、板谷波山(1872-1963)は、茨城県下館町(現・筑西市)に生まれ,東京美術学校彫刻科で岡倉天心,高村光雲らに学んだ。その後、陶磁器の最先端の技術を学び、アール・ヌーヴォー様式の意匠や新しい釉薬の研究に着手した。明治36年、東京の田端に築窯すると、故郷の筑波山に因んで波山と号し本格的に陶芸家としての活動を始める。それまでなかった〈芸術作品としての陶芸〉の創造に全身全霊を捧げた波山は、数々の公募展への出品及び受賞を重ね、昭和28年には陶芸家としては初の文化勲章を受章。波山は、伝統的な技法の洗練と新たな表現方法への挑戦により、典雅な美しさに満ちた作品の数々を生み出し、91歳で生涯を閉じるまで日本近代陶芸の嚆矢として活躍した。
本展では、波山の陶芸作品と共に東京美術学校時代の課題画を展示し、当時の授業の内容を紹介すると共に、波山の同窓で、卒業後は国宝の仏像修理保存に携わった新納忠之介と交わした書簡等により、親友との交流や当時の生活の一端も紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.06.072019.07.15
  • 会場

  • 観覧料金

    一般310(260)円、満70歳以上150(130)円、高大生210(150)円、小中生150(100)円

    ※( )は、20名以上の団体料金
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証を持参の方は無料
    ※土曜日は高校生以下無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    茨城県天心記念五浦美術館
  • 休館日

    月曜日(7月15日は開館)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る