宮城県

企画展「戦国の伊達氏―稙宗から政宗へ」

群雄割拠した戦国時代の東北地方で、最終的に最大の大名となった伊達政宗。そのルーツは鎌倉時代にさかのぼる。
本展覧会では、伊達氏の初祖・朝宗(ともむね)から歴史を説き起こし、戦国時代の14世稙宗(たねむね)、15世晴宗(はるむね)、16世輝宗(てるむね)、そして17世政宗を中心に、政治・外交や合戦、信仰、文化などの多彩なテーマから、伊達氏がどのように東北の雄、さらには全国的な大名となったかをたどる。
※会期中展示替えあり
前期:7月12日(金)~8月4日(日)/後期:8月6日(火)~9月1日(日)

開催概要

  • 会期

    2019.07.122019.09.01
  • 会場

  • 観覧料金

    一般・大学生460円(360円)、高校生230円(180円)、小・中学生110円(90円)

    ※カッコ内は30名以上の団体料金
    ※キャンパスメンバーズ割引は当日券のみ有効
    ※このほか各種割引あり

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    仙台市博物館
  • 休館日

    月曜日(7月15日、8月12日は開館)、7月16日

  • 開館時間

    09:00〜16:45 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る