北海道

ブリティッシュ・オートマタ ポール・スプーナーと英国現代からくり人形の世界

機械仕掛けのからくりで動く人形「オートマタ(Automata)」は、18世紀中頃から19世紀にかけて、ヨーロッパの上流階級を中心に流行した。クランク、ギヤ、カム、コイルスプリングなどの組み合わせが実現する複雑な動作と、美術品に勝るとも劣らない豊かな造形が多くの愛好家を生み、今日なお根強い人気を保っている。とりわけイギリスにおいては、通常は隠される機械部分をあえて露出させる工夫や、ウィット(機知)やアイロニー(皮肉)に富んだ物語性の高い動作が加えられて、工芸と美術の両面から評価される独自の地位を築き上げている。
本展では世界中に熱狂的なファンを持つポール・スプーナー(1948〜)を中心に、イギリスの現代オートマタの数々を紹介。展示する約80点のオートマタのほとんどはモーターを介して実際に動かすことができるほか、デザインスケッチや、触れて動かすことができる機構模型も展示して、視覚的にも、触覚的にも、魅力溢れるオートマタの世界を案内する。

開催概要

  • 会期

    2019.07.062019.09.01
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000(800)円、高大生600(400)円、小中生300(200)円

    ※( )内は前売りと10人以上の団体料金
    ※障害者手帳をお持ちの方等は無料
    ※リピーター割引、旭川リンクリンクミュージアムによる割引料金など、お得な割引料金あり

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    北海道立旭川美術館
  • 休館日

    月曜日(7月15日、8月12日は開館)、7月16日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る