東京都

大浮世絵展 ―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演―(東京展)

公式サイト

「浮世絵(Ukiyo-e)」の歴史の中でも、キラ星のごとく輝いた人気絵師である喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳の5人にフォーカスし、海外にあるアメリカのメトロポリタン美術館、ボストン美術館、シカゴ美術館、ミネアポリス美術館、ヨーロッパの大英博物館、ギメ東洋美術館、ベルギー王立美術歴史博物館をはじめ、国内所在を含めた傑作、約260点を集めました。歌麿は美人画、写楽は役者絵、北斎と広重は風景画と花鳥画、国芳は武者絵と戯画という絵師のエッセンスを凝縮した内容は、「誰もが知っており、そして誰もが見たい」ものになっています。ぜひ本展覧会にご期待ください。

開催概要

  • 会期

    2019.11.192020.01.19
  • 会場

  • 観覧料金

    特別展専用券
    一般 1,400円(1,120円)/大学生・専門学校生 1,120円(890円)/中学生〈都外〉・高校生・65歳以上 700円(560円)/小学生・中学生〈都内〉 700円(560円)

    特別展・常設展共通券
    一般 1,600円(1,280円)/大学生・専門学校生 1,280円(1,020円)/中学生〈都外〉・高校生・65歳以上 800円(640円)/小学生・中学生〈都内〉 なし

    特別展専用前売券
    一般 1,200円/大学生・専門学校生 920円/中学生〈都外〉・高校生・65歳以上 500円/小学生・中学生〈都内〉 500円

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※次の場合は特別展観覧料金が無料です。身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)。
    ※小学生と都内在住・在学の中学生は、常設展示室観覧料が無料のため、共通券はありません。
    ※2019年11月20日・12月18日、2020年1月15日はシルバーデーにより、65歳以上の方は特別展観覧料が無料です。年齢を証明できるものをご提示ください。当日は混雑が予想されます。
    ※前売り券は、2019年9月13日(金)から11月18日(月)まで販売。11月19日(火)から会期中は当日料金で販売。
    [チケット販売所]江戸東京博物館、主要プレイガイド、コンビニ店頭など(特別展・常設展共通の販売は江戸東京博物館のみ)

  • 主催

    公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、国際浮世絵学会、読売新聞社
  • 休館日

    月曜日(ただし2020年1月13日は開館)、2019年12月28日(土)~2020年1月1日(水・祝)

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※土曜日は19:30まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る