東京都

御即位記念特別展「正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―」

天皇陛下の御即位を記念し、正倉院宝物を中心とした飛鳥・奈良時代の国際色豊かな造形文化に焦点を当てた特別展を開催する。
この展覧会では、皇室が守り伝えてきた正倉院宝物と法隆寺献納宝物を同時に公開。両宝物は古代の東西交流の有り様を伝える、世界的にも貴重な文化遺産である。
正倉院宝物は、光明皇后が聖武天皇の御遺愛品をはじめとした品々を東大寺大仏に捧げられたことに由来し、およそ1260年にわたり守り継がれてきた世界的にも比類のない文化財。わが国で製作された美術工芸品や文書類などのほか、「正倉院はシルクロードの終着点」と呼ばれるように、遠く大陸から持ち込まれた国際色豊かな品々が伝わっている。それらは、奈良時代(8世紀)の日本の文化や技術の精華を示すとともに、文化と人々の東西交流を確かに示す証でもある。
また、現在は東京国立博物館が所管する法隆寺献納宝物も、飛鳥・奈良時代(7~8世紀)を代表するものである。明治11年(1878)に法隆寺から皇室に献納され、昭和22年(1947)に国へ移管された宝物300件を指し、正倉院宝物と双璧をなす文化財。両宝物をともに展示することで、正倉院宝物をとりまく造形文化の世界をより広い視野から紹介する。
本展は、このように正倉院宝物と法隆寺献納宝物という日本を代表する文化財が一堂に会する稀有な機会。また、令和元年の本年にこそふさわしい、日本文化を世界に発信する展覧会。皇室が守り伝えたかけがえのない日本の美、今後も受け継がれゆく悠久の美が堪能できる。

開催概要

  • 会期

    2019.10.142019.11.24
  • 会場

    東京国立博物館
    https://www.tnm.jp
    台東区上野公園13-9
  • 観覧料金

    当日=一般1,700円、大学生1,100円、高校生700円
    前売=一般1,500円、大学生900円、高校生500円
    団体=一般1,400円、大学生800円、高校生400円

    ※中学生以下無料
    ※前売券は7月19日(金)から10月13日(日)までの間、東京国立博物館正門チケット売り場(窓口、開館日のみ、閉館の30分前まで)、展覧会公式サイト、各種プレイガイドにて販売
    ※障がい者とその介護者1名は無料、入館の際に障がい者手帳等要提示

  • 主催

    東京国立博物館、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション
  • 休館日

    月曜日(10月14日、11月4日は開館)、11月5日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※金曜・土曜、11月3日(日・祝)、11月4日(月・休)は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る