東京都

生誕125年記念 速水御舟

本年は、日本画家・速水御舟(1894-1935)の生誕から125年、そして山種美術館が現在の渋谷区広尾の地に移転し開館してから10年目にあたる。この節目の年を記念し、同館の「顔」となっている御舟コレクションの全貌を紹介する展覧会を開催する。
同館創立者の山崎種二(1893-1983)は御舟とは一つ違いだったが、御舟が40歳という若さで早世したため、直接交流することがかなわなかった。しかし、御舟の芸術を心から愛した種二は、機会あるごとにその作品を蒐集し、自宅の床の間にかけて楽しんでいた。
一方、御舟は23歳の若さで日本美術院同人に推挙され、横山大観や小林古径らにも高く評価された画家。「梯子の頂上に登る勇気は貴い、更にそこから降りて来て、再び登り返す勇気を持つ者は更に貴い」という御舟の言葉どおり、彼は生涯を通じて、短いサイクルで次々と作風を変えながら、画壇に新風を吹き込んでいった。
御舟は40年という短い生涯に、およそ700余点の作品を残したが、その多くが所蔵家に秘蔵されて公開されることが少なかったため、「幻の画家」とも称されていた。1976年、旧安宅産業コレクションの御舟作品105点の一括購入の相談が種二のもとに持ち込まれ、種二は購入の決断する。その結果、すでに所蔵していた作品とあわせて計120点の御舟作品が山種美術館の所蔵となり、以来同館は「御舟美術館」として親しまれてきた。
本展では、御舟の代表作ともいえる《炎舞》、《名樹散椿》(ともに重要文化財)をはじめとして、《錦木》など初期の作品から《牡丹花(墨牡丹)》など晩年の作品まで、各時代の作品をまとめて紹介する。
同館の御舟コレクション全点公開は2009年の広尾開館以来10年ぶり。この機会に、御舟芸術の真髄を楽しんでほしい。
※会期中、一部展示替えあり 前期6月8日~7月7日/後期7月9日~8月4日

開催概要

  • 会期

    2019.06.082019.08.04
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1200円(1000円)、大高生900円(800円)、中学生以下無料

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料
    ※きもの・ゆかた割引:会期中、きもの・ゆかたでご来館のお客様は、団体割引料金
    ※リピーター割引:本展使用済み入場券(有料)のご提出で会期中の入館料が団体割引料金(1枚につき1名様1回限り有効

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    山種美術館、日本経済新聞社
  • 休館日

    月曜日(7月15日は開館)、7月16日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

特別展 三国志

本展は、「リアル三国志」を合言葉に、漢から三国の時代の文物を最新の成果によって読み解くもの。 2世紀末、漢王朝の権威がかげりをみせるなか、各地の有力武将が次々に歴史の表舞台へと躍り出た。そうして魏(ぎ)、蜀(しょく)、呉

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る