岩手県

広重-雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく

公式サイト

江戸後期の浮世絵師・歌川広重(1797-1858)は、独特な構図と豊かな色遣いによる詩情豊かな風景版画で、多くの人々に親しまれている。
居ながらにして旅の気分を味わうことのできる街道絵、各地の名所を描く名所絵と、彼の描き出す風景は多岐にわたっている。しかし、広重の場合は単に名所を描くのではなく、季節、天候、時間帯などさまざまに組み合わせた設定をすることによって、行ったことのない場所の魅力が倍増される。
本展では、広重の代表作である保永堂版『東海道五拾三次之内』全作品をはじめ、主要な風景版画約150点を展示し、各作品の特徴や造形上の工夫などの鑑賞ポイントを一つひとつ紹介しながら、広重作品の魅力を改めて読み解く。

開催概要

  • 会期

    2019.06.082019.07.15
  • 会場

    岩手県立美術館
    http://www.ima.or.jp/
    盛岡市本宮字松幅12-3
  • 観覧料金

    一般1000円(800円)、高校生・学生600円(500円)、小学生・中学生400円(300円)

    ※()内は20名以上の団体料金
    ※療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は半額
    ※生協組合員カードをご提示の組合員およびそのご家族は前売料金と同額で観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    岩手県立美術館、公益財団法人岩手県文化振興事業団
  • 休館日

    月曜日(ただし7月15日は開館)

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※6月21日(金)は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る