東京都

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへー線の魔術(東京展)

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。「線の魔術」ともいえる繊細で華やかな作品は人々を魅了し、ミュシャ様式と呼ばれるそのスタイルは、後世のアーティストに影響を与えてきた。
ミュシャ財団監修による本展は、ミュシャ幼少期の貴重な作品、自身の蔵書や工芸品、20代に手掛けたデザインやイラスト、そしてミュシャの名前を一躍有名にしたポスターなどを通じて、ミュシャの原点と作品の魅力に迫る。さらに、ミュシャ作品から影響を受けた明治の文芸誌の挿絵から、1960~70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、現代の日本のマンガ家やアーティストの作品まで、およそ250点でミュシャ様式の流れをたどる。時代を超えて愛される画家の秘密を紐解く、これまでにないミュシャ展。

開催概要

  • 会期

    2019.07.132019.09.29
  • 会場

  • 観覧料金

    前売・団体=一般1400円、大学・高校生800円、中学・小学生500円
    当日=一般1600円、大学・高校生1000円、中学・小学生700円

    ※団体は20名様以上(要申込)
    ※学生券の場合は、学生証要提示(小学生は除く)
    ※障害者手帳提示で割引料金あり

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    Bunkamura、ミュシャ財団、日本テレビ放送網、BS日テレ、読売新聞社
  • 休館日

    7月16日、7月30日、9月10日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金曜・土曜は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方

世界中で親しまれている絵本の主人公「ミッフィー(うさこちゃん)」。オランダを代表するグラフィック・デザイナ・絵本作家、ディック・ブルーナの作品だ。考え抜かれたシンプルな線や色彩など、彼独自のスタイルが生まれた背景には、モ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る