鹿児島県

風景をつくる眼。中原慎一郎が出会ったアート,デザイン,工芸

公式サイト

「風景」という言葉は,目の前に広がる自然だけを指すものではないだろう。そこに人工的な建造物が加わり、集落ができて生活が始まると、離れた地点から眺めれば、人々の営みも含めたすべてが風景となるはずだ。家具デザインに興味を持ち、鹿児島から東京に出た中原慎一郎は、自ら興した会社〈ランドスケーププロダクツ〉を通じて、そのときどきの興味に忠実に、活動の幅を広げていった。その中心にある考えは「よい風景をつくる」というものだった。
今回は,中原の憧れの対象であったデザインや工芸やアート作品などと、それらを学ぶことで出会った鹿児島の若い工芸家たちの作品などを、26のキーワードに分けて並列に展示していく。そこには、鹿児島によりよい風景をつくるために欠かせない自由な発想や独創性が、おのずと浮かび上がってくることだろう。

開催概要

  • 会期

    2019.04.272019.06.30
  • 会場

  • 観覧料金

    一般310(240)円、高大生200(160)円、小中生150(120)円、幼児以下無料

    ※( )内は20人以上の団体料金
    ※70歳以上の鹿児島県民は無料
    ※鹿児島県内の小中高生は土曜・日曜・祝日無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    鹿児島県霧島アートの森
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は翌日)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る