滋賀県

謎の蒔絵師 永田友治―尾形光琳の後継者を名乗った男

永田友治(生没不詳)は、江戸時代の中期、正徳・享保年間(1711 ~ 1736)ころ京都で活躍した琳派の蒔絵師と伝えられているが、その実像ははっきりとしていなかった。それでも彼の作品は、尾形光琳風の意匠に倣い、独特の緑色系の青漆や、友治上げと呼ばれる錫粉を使った高蒔絵を用いる独創的なもので、漆工芸史上に異彩を放っている。彼はまた、光琳の使用した「方祝」の円印や、光琳の号「青々」に「子」を加えた「青々子」号を使用するなど、尾形光琳の後継を強く意識した名を作品に残しているのだ。
近年、友治研究家による調査により、江戸時代から昭和に亘る系譜が浮かび上がり、特に江戸中期に京都と大坂を拠点として活動した初代友治から、禁裏蒔絵師として名を残す三代までの活動がおぼろげながら見えてきた。
本展はこれを機会に永田友治の作品を集め、友治がめざしたもの、そして彼の作品の魅力や秘密について、科学分析による研究成果も交えて紹介し、謎の多い永田友治にせまる初めての展覧会である。
※友治の「友」は、「友」の右上に「ヽ」

開催概要

  • 会期

    2019.06.082019.07.15
  • 会場

    MIHO MUSEUM
    http://miho.jp/japanese/index.htm
    甲賀市信楽町田代桃谷300
  • 観覧料金

    大人1100円(900円)、高校・大学生800円(600円)、小学・中学生300円(100円)

    ※( )内は20名以上の団体
    ※障がい者手帳をお持ちの方は、各料金より200円引き(団体ご利用の小中生は無料)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    MIHO MUSEUM、京都新聞
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は各翌平日)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の60分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る