東京都

館蔵 近代の日本画展

館蔵の近代日本画コレクションから、「人物表現」を中心に、横山大観、下村観山、川合玉堂、上村松園、鏑木清方、松岡映丘、安田靫彦、前田青邨など、明治から昭和にかけての近代日本を代表する画家の作品約40点を選び展観。あわせて、宇野雪村コレクションの華麗な石印材も同時公開する。

開催概要

  • 会期

    2019.05.112019.06.16
  • 会場

    五島美術館
    http://www.gotoh-museum.or.jp/
    世田谷区上野毛3-9-25
  • 観覧料金

    一般1000円、高・大学生700円、中学生以下無料

    ※団体20名以上1人800円
    ※障害者手帳をお持ちの方、介助者の方1名は200円引
    ※入園のみ(展覧会を鑑賞しない場合)は1人300円(中学生以下無料)

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

はじめての古美術鑑賞 絵画のテーマ

日本の古美術は、西洋美術と比べて敷居が高い、地味で分かりにくい、と思われている方も多いのではないだろうか。これらの声に応えて、根津美術館では企画展「はじめての古美術鑑賞」の4回目として、日本絵画の「テーマ」を知るための展

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る