東京都

所蔵作品展 デザインの(居)場所

東京国立近代美術館のコレクションにデザイン作品があることは、ご存知だろうか?
1988年にインダストリアルデザイナーの先駆者と呼ばれるクリストファー・ドレッサーやアール・デコ様式の家具デザインで知られるピエール・シャローなどの作品が収蔵され、以後少しずつその数を増やしてきた。現在は、工業デザイン192点、グラフィックデザイン776点を収蔵している。本展では、その中から選りすぐりのデザイン作品と、工芸作品を合わせた約120点を通して、デザインの居場所はどこ?という問いに対する答えを国境、領域、時間という3つの視点から考えていく。デザインという言葉が我々の生活に定着し、様々な場面で聞かれるようになった今日ではあるが、その定義や意味合いは、状況や場所、人によって変化する。そんな、つかみどころのないデザインの存在について、改めて考える機会になれば幸いである。

開催概要

  • 会期

    2019.05.212019.06.30
  • 会場

  • 観覧料金

    一般250円(200円)、大学生130円(60円)

    ※6月2日は無料観覧日
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※高校生以下および18歳未満、65歳以上、「MOMATパスポート」をお持ちの方、友の会、賛助会員(同伴者1名まで)MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名まで、シルバー会員は本人のみ)、キャンパスメンバーズ、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
    ※それぞれ入館の際、学生証、運転免許証等の年齢の分かるもの、障害者手帳を要提示

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京国立近代美術館
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る