広島県

かこさとしの世界展 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!(広島展)

2018年に惜しまれつつこの世を去ったかこさとし。工学博士でもあるかこは、技術士としての経験を元に科学的視点を盛り込んだ絵本や、だるまや天狗など日本古来のキャラクターを通して古き良き日本の伝統文化を今に伝える絵本など、一貫して子どもたちのためを思い、多彩な絵本を生み出してきた。本展では、絵本原画や資料を展示し、楽しく発見に満ちた「かこさとし」の世界を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.06.152019.08.04
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1200円(1000円)、高大生900円(700円)、小中学生500円(300円)

    ※(  ) 内は前売り、または有料20名以上の団体料金
    ※障がい者手帳提示の方は、本人と同伴者1名無料
    ※65歳以上の方は一般当日料金の団体割引が適用(1,200円→1,000円)、当日受付に年齢確認の出来るものを提示
    ※広島県立美術館×広島市現代美術館×ひろしま美術館相互割引:本展と広島県立美術館および広島市現代美術館で同時期に開催中の特別展入館券(半券可)を各受付に持参で、当日の入館券が100円割引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人ひろしま美術館、テレビ新広島、中国新聞社
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※6月15日は10:00からの開会式終了後に開場 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

山口啓介 後ろむきに前に歩く

美術家 山口啓介(1962-)は1980年代後半、方舟を描いた大型の銅版画作品でデビューし、一躍注目を浴びる。以後は版画にとどまらず、花や種子、心臓、人体とモチーフを変化させながら、絵画や立体などさまざまなかたちで作品を

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る