岡山県

国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア(岡山展)

公式サイト

モスクワにある国立トレチャコフ美術館は、創設者パーヴェル・トレチャコフ(1832–1898)によってその基礎が築かれた約20万点のコレクションを有するロシア美術の殿堂だ。なかでも19世紀後半から20世紀初頭にかけてロシア各地で移動展覧会を行なった「移動派」のクラムスコイやシーシキン、レーピンといったロシア近代絵画の巨匠たちの作品を豊富に所蔵していることで世界的に有名である。
本展では、ロシアの雄大な自然や独特な建築のある景観を描いた風景画をはじめ、日常の何気ない情景を捉えた風俗画やモデルの内面までも映し出したかのような肖像画など、同館の誇るロシア近代絵画コレクションの中から厳選した72点を紹介。「ロシアのモナリザ」とも称される《忘れえぬ女》に代表される、ロシア的ロマンにあふれる名画の数々を楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.04.272019.06.16
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1300円、65歳以上1000円、高・大学生800円、中学生以下無料

    ※20名以上の団体は2割引
    ※年齢を確認できる証明書要持参
    ※本展観覧券で同時期開催の「岡山の美術」展も観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    岡山県立美術館、山陽新聞社
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※5月31日は19:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る