東京都

宮本隆司 いまだ見えざるところ

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催する。宮本隆司は、建築空間を題材にした都市の変容、崩壊の光景を独自の視点で撮影した〈建築の黙示録〉によって広く知られる存在となった。近年は、両親の故郷である奄美群島・徳之島でアートプロジェクトを企画、運営するなど、その活動は新たな展開を見せている。本展覧会では初期の作品から、アジアの辺境や都市を旅して撮影した写真や、徳之島で取り組んだピンホール作品を展示。確かにそこで見たはずなのに、どこまで見えているのかわからない、そんな、いまだ見えざる人とその場所について宮本隆司が展観する。

開催概要

  • 会期

    2019.05.142019.07.15
  • 会場

    東京都写真美術館
    http://topmuseum.jp/
    目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
  • 観覧料金

    一般700(560)円、学生600(480)円、中高生・65歳以上500(400)円

    ※ ( )は20名以上の団体料金、同館の映画鑑賞券提示者、各種カード会員割引(利用案内参照)
    ※小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
    ※第3水曜日は65歳以上無料
    ※同館年間パスポート提示者無料(同伴の方1名様まで無料)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京都 東京都写真美術館、朝日新聞社
  • 休館日

    月曜日(7月15日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※木曜・金曜は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る