東京都

ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ(東京展)

オーストラリアの画家・映像作家、ショーン・タン(1974~)は1999年に刊行した初めての絵本『ロストシング』を元に2010年に短篇アニメーション映画を発表し、アカデミー賞の短篇部門の賞を受賞した。2006年に発表した文字のないグラフィック・ノベル『アライバル』は、大きな反響を呼び、23の言語で刊行されている。日本でも、その独自の世界観と表現方法で、熱狂的なファンを獲得した。本展は、タンの全面的な協力のもとに開催される日本初の大規模な個展となる。最初の絵本から最新作まで、彼の緻密で壮大な創作の秘密を解き明かす。

開催概要

  • 会期

    2019.05.112019.07.28
  • 会場

  • 観覧料金

    大人800円、高校生以下無料

    ※団体(有料入館者10名以上)、学生証をお持ちの方、65歳以上は700円
    ※障害者手帳提示の方は400円、介添えの方は1名まで無料
    ※視覚障害のある方は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    ちひろ美術館
  • 休館日

    月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)

    ※7月22日は開館

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

抽象世界

いま、抽象芸術が復活している。前世紀初頭の前衛芸術としての抽象と戦後美術批評に擁護されたアメリカの抽象が、美術史上の主要な先例であり代表的動向でもある抽象芸術が、近年ヨーロッパとアメリカにおいて注目を集めている。 197

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る