東京都

前島密没後100年記念 「鴻爪痕-HISOKA MAEJIMA-」展

公式サイト

「日本近代郵便の父」として知られる前島密は、生まれて間もなく父を亡くし、12歳で江戸へと旅立つ。時は幕末、黒船が来航し揺れ動く情勢の中、青年時代は砲術、機関学、英語等、自らが必要だと思う学問を貪欲に学び、明治維新後は新政府のもと近代日本社会の基礎となる数々の業績を残していく。
争乱の時代において勉学に励み偉業を成し遂げた一人の青年の足跡について、同館収蔵資料やパネル展示等により紹介。
本展関連イベントとして記念シンポジウムを開催するほか、期間中は切手デザイナーによるトークイベントやNPO法人郵趣振興協会と共催の特別切手コレクション展「改元記念・皇室関係フィラテリー展」などのイベントも開催する。
※会期中、一部展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2019.04.192019.06.16
  • 会場

    郵政博物館
    http://www.postalmuseum.jp
    墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ9F
  • 観覧料金

    大人300円(250円)、小・中・高校生150円(100円)

    ※( )内は10名以上の団体料金
    ※障がい者手帳をお持ちの方と介助者の方は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    郵政博物館
  • 休館日

    4月22日(月)、5月13日(月)、5月20日(月)、6月10日(月)

  • 開館時間

    10:00〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る