大阪府

企画展「サウジアラビア、オアシスに生きる女性たちの50年 ―『みられる私』より『みる私』」

公式サイト

1960年代末、急激な社会変化をむかえるサウジアラビア西部のオアシスで、文化人類学者の片倉もとこは、当時ほとんど不可能と思われた長期調査をおこなった。そして「みられる私」ではなく「みる私」としてのサウジ女性の姿に気づいた。
本展では、片倉が現地で撮影した貴重な写真を手がかりに、半世紀後に実施した最新の追跡調査の成果を交えながら、飾面や民族衣装など個性的で色鮮やかな物質文化をとおして、サウジ女性の生活世界の変遷をたどる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る