大阪府

ジャパニーズ プリント−久保惣コレクションでたどる版の歴史−

奈良時代に制作された世界最古の印刷物といわれる「木造 百万塔」に収められた陀羅尼経から、江戸時代の浮世絵版画や版本まで久保惣コレクションに収蔵される木版や銅板による印刷物を歴史的な展開をおって展示する。
平安時代の摺仏や、江戸時代初期の木活版本である嵯峨本、拓本の技法を応用した伊藤若冲の拓版画、司馬江漢の銅版画など、多様な技法で制作された版画を紹介。版本については、久保惣コレクションに加え、貝塚茂樹氏(京都大学名誉教授)、佐々木剛三氏(早稲田大学名誉教授)の旧蔵書もあわせて展示する。
※会期中展示替えを予定

開催概要

  • 会期

    2019.06.232019.08.18
  • 会場

  • 観覧料金

    一般500円、高校・大学生300円、中学生以下無料

    ※ 団体(20名様以上)は2割引
    ※ 65歳以上は2割引
    ※ 各種障がい者手帳を提示された場合、本人及び介助者1名様は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

企画展「サウジアラビア、オアシスに生きる女性たちの50年 ―『みられる私』より『みる私』」

1960年代末、急激な社会変化をむかえるサウジアラビア西部のオアシスで、文化人類学者の片倉もとこは、当時ほとんど不可能と思われた長期調査をおこなった。そして「みられる私」ではなく「みる私」としてのサウジ女性の姿に気づいた

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る