静岡県

古代アンデス文明展 ナスカ、ティワナク、そしてインカ帝国へ(静岡展)

南米大陸、現在のペルーとボリビアを中心とした地域で、16世紀まで展開した、多種多様な文化を総称して、古代アンデス文明と呼ぶ。巨大な地上絵を残したナスカ文化(紀元前200年頃~後650年頃)や、壮観なマチュピチュを築き上げたインカ帝国(15世紀前半から1572年)が、とりわけ著名だ。 本展では、ナスカ、モチェ、ティワナク、インカなど代表的な9つの文化から、約200点の貴重な資料を展示し、古代アンデス文明の全体像を明らかにする。人や動物を象ったユニ一クな土器、まばゆい黄金製品、色鮮やかな織物、そして独特な死生観を物語るミイラなどを通じ、各文化の精華と悠久の歴史を堪能してほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.05.182019.07.15
  • 会場

  • 観覧料金

    前売・団体=一般1200円、高校生・大学生・70歳以上600円
    当日=一般1400円、高校生・大学生・70歳以上700円

    ※中学生以下無料
    ※収蔵品展、ロダン館も併せて観覧可
    ※20名以上の団体のお申込みは、美術館総務課へ要問合わせ(学生の団体を引率の場合、引率の先生は無料になる場合あり)
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は、企画展、収蔵品展とも無料で観覧可(専用駐車場のほか、車椅子も完備)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    静岡県立美術館、静岡新聞社・静岡放送
  • 休館日

    月曜日(7月15日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:30 ※7月6日(土)、7月7日(日)、7月13日(土)、7月14日(日)は19:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る