NEW 長野県

もの派の作家たち -関根伸夫を中心に- 

ほとんど手が加えられていない木や石、金属、ガラスなどの物体を、「素材」から「作品」へと昇華させる試みを行った作家たち、「もの派」。
戦後に登場したこの美術運動の起源は、1968年に神戸の須磨離宮公園にて発表された関根伸夫の作品《位相‐大地》にまで遡る。地面に掘られた巨大な穴、そして傍らにそびえる穴と同形の円筒から成る本作は、「造形は環境に応じて形を変え得る」とする、関根伸夫の「位相」の理論が色濃く反映されており、その後の「もの派」の発展における 記念碑的な作品であると言えるだろう。
1970年代半ばに至るまでに数々の作家たちへと派生し展開した同派には、共通のイデオロギーがあるわけではない。しかし、造形芸術における「作る」という行為そのものを根底から揺るがす新しい価値観として戦後美術史に確かな功績を刻み、近年ではその概念を再び掘り下げてみる動きが活発になっている。
私たちはアートと向き合うとき、作品の奥にあるイメージや物語、作家の意図を探ろうと、無意識のうちに目を凝らしてしまう。ところが眼の前にある「もの」が、他でもない「ものそのもの」であると気づくとき、作品が途端に難解で、鑑賞者を拒んでいるかのように感じてしまうのではないだろうか。
「もの派」の作家たちの多くは、物体と空間、あるいは物体同士が相互に反応し合って生じる作用により鑑賞者の五感を刺激し、作品世界へ介入することを望んでいる。
本展では、「位相絵画」をいまも追求し続ける関根伸夫の大作を中心に、6作家による絵画・立体作品を特集する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.262019.11.24
  • 会場

    軽井沢現代美術館
    http://moca-karuizawa.jp/
    北佐久郡軽井沢町大字長倉2052-2
  • 観覧料金

    一般1,000円、65歳以上・大高生800円、小中学生500円、未就学児無料

    ※入館料にお茶のサービス含む
    ※障害者手帳をお持ちの方はご本人と付添いの方1名まで無料

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    火曜日、水曜日(夏期無休開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る