山梨県

黄昏の絵画たち 近代絵画に描かれた夕日・夕景

本展は、「夕日・夕景」のモティーフに着目し、東西両洋の画家たちの表現を紹介するもの。独特の光の移ろいや、情緒があるこの時刻の表情は、多くの画家たちの心を捉え続けてきた。19世紀から20世紀にかけての西洋と、その影響を受けながら独自の風景表現を生み出そうとした近代日本を中心に、多様な表現を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.06.222019.08.25
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円(840円)、大学生500円(420円)

    ※( )内は20名以上の団体料金、前売料金、県内宿泊者割引料金
    ※高校生以下の児童・生徒は無料(高校生は生徒手帳持参)
    ※県内65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
    ※障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    山梨県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会、テレビ山梨 
  • 休館日

    6月24日(月)、7月1日(月)、7月8日(月)、7月16日(火)、7月22日(月)、7月29日(月)、8月5日(月)、8月19日(月)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

美を謳う 中島千波の世界

日本画の革新に真摯に取り組み続けている画家・中島千波(1945年長野県生まれ、東京在住) の画業を紹介する展覧会を開催。 中島千波は第二次世界大戦後の激変する社会に反応し、現代的な欧米絵画の影響を受け、「窓」(1969年

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る