福井県

北大路魯山人展

書、篆刻、絵画、陶芸、漆工芸など多方面に才能を発揮し、また美食家として名を馳せた北大路魯山人(1883-1959年)。没後60年を経てその生き方は伝説となり、伝統に学んだ審美眼に基づく作品とともに多くの人々を魅了している。本展では、魯山人が求めた「生活の中の雅と美」を個人コレクションと笠間日動美術館所蔵の作品約100点を紹介予定。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る