東京都

華めく洋食器 大倉陶園100 年の歴史と文化

公式サイト

1919(大正8)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された大倉陶園は、日本を代表する洋食器メーカーとして、今日まで世界に誇る製品を生み出し続けてきた。本展では、同園の優れたデザインや品質を紹介するとともに、多くの財界人や老舗ホテル等のために製作された作品を展示し、日本の洋食器文化における大倉陶園の役割を探る。また、最新の調査結果を反映し、これまで知られることのなかった創業当時の様子を伝える資料も併せて紹介する。
※会期中展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2019.06.082019.07.28
  • 会場

  • 観覧料金

    一般500円(400円)、大学生400円(320円)、高校生・60歳以上250円(200円)、 小中学生100円(80円)

    ※( )内は10名以上の団体料金および渋谷区民の入館料金
    ※土・日曜日、祝休日および夏休み期間は小中学生無料
    ※毎週金曜日は渋谷区民無料
    ※障がい者および付添の方1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    渋谷区立松濤美術館、神奈川新聞社
  • 休館日

    月曜日(7月15日は開館)、7月16日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

企画展「裂の美」

金襴や緞子、更紗といった海外から渡った華やかな裂地は、書画の表装や茶道具の包みに用いられてきた。特に茶人たちに鑑賞の対象としても重宝された、いわゆる「名物裂」は、手鑑などに貼られ大切に保存され伝わった。このため、裂地は繊

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る