富山県

チェコ・デザイン 100年の旅(富山展)

公式サイト

チェコ国立プラハ工芸美術館の企画により、同館の所蔵作品を中心に、19世紀末から現代までのチェコのデザインを紹介。
この約100年間のチェコでは、アール・ヌーヴォーの旗手として知られる画家アルフォンス・ミュシャをはじめ、キュビスムの影響を受けた建築、チャペック兄弟の絵本、そして世界で愛されるアニメーションなど、社会主義の時代にも、その優美なデザインは独自の道を拓いていった。ボヘミアン・グラスなどチェコ独自の産業や民族的な造形と、同時代の芸術表現が融合した独自のデザインの世界は、現代でも多くの人々を魅了し続けている。家具、食器、ポスター、おもちゃ、書籍などの約250点を通して辿るチェコ・デザインの世界を、小さな旅のように楽しんほしい。
また富山県美術館では、本展の併設特別展示として、株式会社インテックのご協力により、同社所蔵の世紀末のチェコを代表する画家アルフォンス・ミュシャの作品約20点を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.06.012019.07.28
  • 会場

  • 観覧料金

    前売=一般700円
    当日=一般900(700)円、大学生450(350)円

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※企画展チケットで、コレクション展も観覧可
    ※次の方は、企画展・コレクション展とも観覧無料 ①児童、生徒(小・中学生、高校生など) ②学校教育、社会教育活動としての児童・生徒の引率者(観覧料免除申込書が必要) ③各種手帳をお持ちの障害者の方の観覧(付き添いは手帳をお持ちの方1人につき1名まで無料)
    ※メンテナンスや展示替えの作業等のため臨時休館する場合あり
    ※季節やイベント等に応じて、臨時開館や延長開館する場合あり

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    富山県美術館、チェコ国立プラハ工芸美術館、北日本新聞社、北日本放送
  • 休館日

    水曜日、7月16日

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

「ピカソ・コレクション」展

彫刻の森美術館所蔵のピカソ作品は319点を数える。ピカソの娘であるマヤ・ピカソから購入した陶芸作品を中心に、絵画や彫刻、タピスリー、ジェマイユ、金銀オブジェなど多様な技法の作品が揃っている。同館は1984年にピカソ館を開

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る