新潟県

光と遊ぶ超体感型ミュージアム 帰ってきた!魔法の美術館(新潟展)

魔法の美術館は、「見て、触って、楽しみながら、学べる」新感覚の体感型展覧会。色とりどりの光や音、映像などを用いた作品は、鑑賞者の動きに合わせ様々なかたちに変化する。国内外で活躍するアーティストらによる新たな手法による表現は、直感的、能動的に楽しむことができ、世代を超えて愛されている。
日本各地を巡回し、高い人気を誇る魔法の美術館は、2015年に新潟市新津美術館でも開催され、記録的な動員数を打ち立てた。同館2度目の開催となる本展では、新たなラインナップで、光にあふれた魔法のような作品世界を楽しむことができる。

開催概要

  • 会期

    2019.06.152019.09.01
  • 会場

  • 観覧料金

    前売=一般800円
    当日=一般1000円、大学・高校生500円、中学生以下無料

    ※有料20名以上は団体で2割引
    ※新潟県立植物園および新潟市鉄道資料館の入館券、SLばんえつクーポンを持参の方は2割引
    ※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方は手帳提示で無料
    ※展覧会のチラシ持参で100円割引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    魔法の美術館2019新潟展実行委員会、新潟市新津美術館、新潟日報社、N S T
  • 休館日

    月曜(祝日の場合は開館、翌日休館)

    ※6月24日、7月29日、8月5日、8月19日は開館

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

漢字展―4000年の旅

古代中国で誕生した漢字は、世界史上もっとも字数が多い文字といわれている。日本へは5世紀頃に伝来し、日本語の発達および学問、文化と切り離せない存在だ。本展では、漢字の成り立ち、漢字文化圏の広がり、日本における漢字文化、文字

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る