神奈川県

「ピカソ・コレクション」展

彫刻の森美術館所蔵のピカソ作品は319点を数える。ピカソの娘であるマヤ・ピカソから購入した陶芸作品を中心に、絵画や彫刻、タピスリー、ジェマイユ、金銀オブジェなど多様な技法の作品が揃っている。同館は1984年にピカソ館を開館し、2019年8月のオープンを目指して改装中だ。
ピカソは常に、「すべては形になってあらわれる」* と確信していた。そして、形そのものの魅力や、その形の変貌がもたらす驚きと興奮が創作活動の原動力となった。
同館のピカソ・コレクションからは、様々な手法を駆使してイメージを変化させ、未知なる形象をとらえようとしたピカソの挑戦が感じられる。
*『ピカソ−生と創造の冒険者』1973 年、モンダドーリ社より

開催概要

  • 会期

    2019.02.012019.07.26
  • 会場

    彫刻の森美術館
    http://www.hakone-oam.or.jp/
    足柄下郡箱根町二ノ平1121
  • 観覧料金

    一般1600円、大学生・高校生1200円、中学生・小学生800円
    障害者手帳お持ちの方=一般1000円、大学生・高校生700円、中学生・小学生500円
    団体(20名以上)=一般1400円、大学生・高校生1100円、中学生・小学生700円
    団体(100名以上)=一般1300円、大学生・高校生1000円、中学生・小学生500円

    ※「毎週土曜日はファミリー優待日」保護者1名につき小・中学生5名まで無料
    ※障害者手帳をお持ちの方1名につき、付添2名様まで1000円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    彫刻の森美術館
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

水木しげる 魂の漫画展(神奈川展)

時代を超えて愛されている妖怪漫画『ゲゲゲの鬼太郎』を生んだ日本漫画界の鬼才・水木しげる[本名・武良茂](1922-2015)。鳥取県堺港で過ごした幼少期、自宅に出入りしていた近所の”のんのんばあ”に連れられて見た『地獄極

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る