東京都

漢字展―4000年の旅

古代中国で誕生した漢字は、世界史上もっとも字数が多い文字といわれている。日本へは5世紀頃に伝来し、日本語の発達および学問、文化と切り離せない存在だ。本展では、漢字の成り立ち、漢字文化圏の広がり、日本における漢字文化、文字の由来など、日常的に使っていながら意外と知らないことの多い漢字にまつわる様々な知識を、国宝を始めとする文化財を中心とした展示によって分かりやすく紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.05.292019.09.23
  • 会場

  • 観覧料金

    一般900円、65歳以上800円、大学生700円、中・高校生600円、小学生290円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人東洋文庫、読売新聞社
  • 休館日

    火曜日(火曜日が祝日の場合は翌平日)

  • 開館時間

    10:00〜19:00 ※入館は閉館の30分前まで ※9月13日(金)は14:00最終入館、15:00閉館
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る