北海道

東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展

戦後を代表する日本画家・東山魁夷(1908-1999)が唐招提寺の開基・鑑真和上に捧げた御影堂障壁画は、画家の集大成とも言える代表作。本展では唐招提寺御影堂の修理に際し、障壁画全68面を特別に再現展示。その全貌を紹介するとともにスケッチや下絵などを展示して構想から完成にいたる画家の足跡をたどる。

開催概要

  • 会期

    2019.06.082019.07.28
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1500(1300)円、高大生800(600)円、中学生600(400)円、小学生以下無料(要保護者同伴)

    ※( )内は、10名以上の団体料金とリピーター割引料金(同館または他の道立美術館で開催した特別展の観覧半券をご提示の場合。1枚につきお一人様1回限り有効。有効期限は半券に記載)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    北海道立近代美術館、テレビ北海道、日本経済新聞社、北海道新聞社
  • 休館日

    月曜日(7月15日を除く) 7月16日(火)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※カルチャーナイト(7月19日)は21:00まで ※7月5日、12日、26日は19:30まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る