東京都

唐三彩 ―シルクロードの至宝

20世紀初頭の中国で鉄道敷設工事中に偶然発見され、その存在が知られるようになった唐三彩。緑釉・褐釉・白釉(透明釉)が掛け分けられた華麗な装飾が魅力的なこの多色釉陶器は世界のコレクターを魅了し、またたくまに中国陶磁を代表する存在となった。唐時代(618-907)の王侯貴族たちの墓を彩る副葬品であるとともに、シルクロードを通した東西文化交流を象徴する美術作品でもある唐三彩を中心に、当時の国際色溢れる美の世界へ誘う。

開催概要

  • 会期

    2019.06.222019.08.25
  • 会場

    出光美術館
    http://idemitsu-museum.or.jp/
    千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
  • 観覧料金

    一般1000円、高大生700円、中学生以下無料(保護者の同伴が必要)

    ※団体20名以上は各200円引き
    ※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    出光美術館、日本経済新聞社
  • 休館日

    月曜日(7月15日、8月12日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※金曜日は19:00まで開館 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

特別展 三国志

本展は、「リアル三国志」を合言葉に、漢から三国の時代の文物を最新の成果によって読み解くもの。 2世紀末、漢王朝の権威がかげりをみせるなか、各地の有力武将が次々に歴史の表舞台へと躍り出た。そうして魏(ぎ)、蜀(しょく)、呉

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る