石川県

脇田和と猪熊弦一郎 モダンの展開

石川県立美術館は平成27年度に、一般財団法人脇田美術館より317 点の脇田和作品の寄贈を受け、現在321 点の作品を収蔵している。平成3年に脇田和が軽井沢に美術館を建てる際に厳選し、基本作としたすべての作品と、それ以降の代表作を主体とする、油彩154点、水彩素描72 点、版画95 点の大規模なコレクション。
脇田家は、二代藩主前田利長の代から明治維新まで加賀藩に仕え、御算用場奉行、町奉行などを勤めた武士の家柄で、兼六園のすぐ隣にある「玉泉園」が屋敷跡だ。
脇田和は、明治41年、実業家 脇田勇の次男として東京青山に生まれ、15歳でドイツに留学してベルリン国立美術学校に学び、絵画や各種の版画技法など美術全般にわたって研鑚を積んだ。帰国後は戦前の洋画壇に頭角を現し、昭和11年、猪熊弦一郎、小磯良平らと新制作派協会を創立し、以後、常に具象絵画の第一線にあって画壇をリードした。抒情であると同時に堅固な構成を持つ脇田作品は、情と智とが高いレベルで融合し、その融通無碍の世界は様々な世代から幅広い支持を得ている。
本展は同館の脇田作品を核とし、脇田と交流の深い画家達の作品を交えて、戦後美術界の様相をも示すことを趣旨としている。今回は交友画家の第一弾とし、猪熊弦一郎画伯の作品を交えて開催。
猪熊弦一郎は明治35年香川県高松市生まれ。東京美術学校で藤島武二に師事した。大正15年、帝展に初入選し、以後10回、第14回で特選を得る。昭和11年、帝展改組の美術界混乱期に小磯良平、伊勢正義、脇田和らと新制作派協会(現・新制作協会)を設立。その後フランスに留学し、マチスに師事。戦後、26年には上野駅コンコースに大壁画を描き、その後も建築物と関わる制作を数多く手がけた。30年から50年までニューヨークを制作の場とし、帰国後も精力的に創作を続けた。
展示は2部構成で、一部では脇田と猪熊の作品を10年単位に併置し、2人の個性あふれる創作の歩みを、第2部では脇田の初期から晩期まで、詩情あふれる作品の展開を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.202019.06.09
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円(800円)、大学生800円(600円)、高校生以下無料

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※65歳以上の方、県立美術館友の会会員は団体料金
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持参の方、付き添いの方は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    石川県立美術館
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

長谷川等伯と水墨画

墨の濃淡が画面に無限の奥行きと広がりをもたらす水墨画。中国を発祥とするこの斬新な絵画表現は日本にも伝播し、独自の表現美を獲得した。この立役者として欠くことのできない画家が、日本独自の感性に基づく水墨表現を切りひらいた長谷

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る