京都府

京都新聞創刊140年記念 川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎

京都国立近代美術館は、近代日本を代表する陶工・河井寬次郎作品(川勝コレクション)を所蔵している。計425点にも上る川勝コレクションは、質、量ともに最も充実したパブリック・コレクションで、初期から最晩年にいたるまでの河井の代表的な陶芸作品を網羅した河井芸術の全貌を物語る「年代作品字引」となっている。本展では、川勝コレクションの中から河井寬次郎作品の名品約250点を一堂に展示すると共に、当館所蔵の河井と交遊関係のあった濱田庄司、バーナード・リーチ、富本憲吉らの作品を併せて紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.262019.06.02
  • 会場

    京都国立近代美術館
    http://www.momak.go.jp/
    京都市左京区岡崎円勝寺町26-1
  • 観覧料金

    一般1,300円、大学生900円、高校生500円

    ※中学生以下は無料
    ※心身に障がいのある方と付添者1名は無料(入館の際に証明できるものを提示下さい)
    ※本料金でコレクション展もあわせて観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    京都国立近代美術館、京都新聞
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※金・土曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

美を競う 肉筆浮世絵の世界

鮮やかな色彩で摺られた版画のイメージが強い浮世絵だが、肉筆画は量産される錦絵の版画と違い、浮世絵師が絹本・紙本に直接描く一点物。本展では貴重な肉筆画を、美人画を中心に約110点展示。絵師の手によって華麗な衣装の文様まで精

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る