東京都

生誕130年 漆芸作家 高野松山 今よみがえる究極の技

公式サイト

熊本に生まれた高野松山(たかのしょうざん・1889~1976)は、幼少時より細工物を好んで熊本の工業徒弟学校で漆芸を学び、ついで京都市立美術工芸学校・東京美術学校に学んだ。東京美術学校では、帝室技芸員の白山松哉(しらやましょうさい・1853~1923)から厳しい指導を受け、蒔絵(まきえ)の技術を習得する。のちに細川護立(ほそかわもりたつ・1883~1970)の援助を得、目白台の細川邸内に住み込んで「昼は殿様のボディーガード、夜間に制作」という生活を送る。その後、帝展などへの出品をかさね、1955年には重要無形文化財「蒔絵」保持者に認定された。
本展は、永青文庫所蔵の高野松山作品全12点を中心に、第1章「近世の漆芸」、第2章「高野松山と近代の工芸」、第3章「近代の絵画」で構成。 晩年になっても熊本弁をつかい、豪放磊落な人柄だったという高野松山。しかし多彩な蒔絵の技術をもち、その作品1点1点には究極の技が込められている。生誕130年の年に、高野松山の緻密な作品を今一度味わっていただきたい。

開催概要

  • 会期

    2019.04.272019.07.03
  • 会場

    永青文庫
    http://www.eiseibunko.com/
    文京区目白台1-1-1
  • 観覧料金

    一般800円(700円)、シニア(70歳以上)600円(500円)、大学・高校生400円

    ※( )内は10名以上の団体料金
    ※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料
    ※ 別館サロンは別途200円(不定休)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    永青文庫美術館
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日

  • 開館時間

    10:00〜16:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

富取風堂―洗練の素朴―

富取風堂(1892-1983年)は、主に院展で作品を発表しながら、評議員や監事を歴任した日本画家。1924(大正13)年、市川市に移り住んだ作家は、千葉県美術会の創設に参加するなど千葉県の文化振興に寄与し、1967(昭和

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る