石川県

大岩オスカール 光をめざす旅

公式サイト

大岩オスカールは、光あふれる鮮やかな色彩とダイナミックな空間構成によって、ときに批評やユーモアを交えながら現代社会を生き生きと描き出してきた。1965年にブラジルのサンパウロで日本人の両親のもとに生まれ、東京、ニューヨークと移動しながら制作を続ける大岩の作品には、一人の生活者としての視点と、どこか客観的な俯瞰の視点が共存している。自らの暮らす都市や社会、環境問題をテーマに、写真や印刷物、インターネット上のイメージを自在に組み合わせることで、現実と虚構、人工物と自然、光と影のあいだで揺らめく独特の世界観を生み出しているのだ。本展覧会では、近作を中心とした60点あまりの作品と、金沢21世紀美術館の27メートルの壁面に描かれるドローイングを通して、大岩のヴィジョンに迫る。また、ゲストアーティストとして作曲家のチャド・キャノンを招き、画家の作品からインスピレーションを得て生み出された壮大な交響曲と絵画の融合を試みる。大岩が世界を旅しながら絵画の中に追い求めてきた「光」は、今を生きることの複雑さの先にある希望を思い起こさせてくれるだろう。

開催概要

  • 会期

    2019.04.272019.08.25
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1200円(1000円)、大学生800円(600円)、小中高生400円(300円)、65歳以上の方1000円
    「粟津潔 デザインになにができるか」 展との共通観覧券(5月18日~8月25日)一般2000円(1600円)、大学生1400円(1100円)、小中高生700円(600円)、65歳以上の方1600円

    ※( )内は団体料金(20名以上)及び前売りチケット料金
    ※身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳をご提示いただければ、その手帳の交付を受けている方及びその介助者の方(1名)の観覧料が2割減額(団体料金と同額)
    ※金沢市民の方は、美術奨励の日、市民美術の日には、展覧会(ただし、美術奨励の日は、コレクション展のみ)が無料(身分を証明するものの提示が必要)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日、7月15日、8月12日は開場)、5月7日、7月16日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金・土曜日は20:00まで 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

春の優品展 和と漢へのまなざし(併催:大東急記念文庫創立70周年記念特別展示 [第1部]大東急記念文庫の精華ー絵画、古写経、書物、名家の筆跡ー)

館蔵品の中から『和漢朗詠集』と、その撰者・藤原公任(966-1041)に関連する古筆、あわせて日本・中国を題材とした絵画を選び展覧。平安時代(11世紀初)に成立した『和漢朗詠集』には、王朝貴族らに愛好された漢詩文と和歌が

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る