神奈川県

岡本太郎と日本の伝統

公式サイト

1951年11月、岡本太郎は東京国立博物館において縄文土器と出会い、その4次元的な造形力に衝撃を覚え翌年、美術雑誌『みづゑ』に「四次元との対話-縄文土器論」を発表する。これに端を発し、岡本はいわゆる「わび」「さび」とは異なる、他の東アジア地域からの文化的影響を受容する以前の、本来の日本の文化、日本人の美意識とは何かについて考察を深め、1956年、著書『日本の伝統』として結実させている。
同書のために岡本は本来の日本と考えた文化事象を、自らシャッターを切ってカメラに収めている。縄文土器・土偶、京都の古刹の中世の庭など。その写真は、岡本が撮影した写真のなかでも、記録性を超えた写真芸術の高みにまで到達している。
本展は、『日本の伝統』を中心に、岡本による写真作品を通して、「日本の伝統」とは何かを再考する機会ともなるだろう。

開催概要

  • 会期

    2019.04.272019.06.30
  • 会場

  • 観覧料金

    一般900円(720円)、高校・大学生・65歳以上700円(560円)

    ※中学生以下無料
    ※(  )内は20名以上の団体料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    川崎市岡本太郎美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日を除く)、5月7日(火)、5月8日(水)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華  サラ・ベルナールの世界展(神奈川展)

19世紀末から20世紀にかけて活躍したフランスの大女優サラ・ベルナール(1844〜1923)。 演劇界のみならず文学や美術など芸術界全般に大きな影響を与えたサラは、まだ無名だったアルフォンス・ミュシャや若手ジュエリーデザ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る