愛知県

塩川コレクション「ロイヤル コペンハーゲンのアール・ヌーヴォー」

1775年にデンマーク王立磁器工場として創立されたロイヤル コペンハーゲンは、日本でも人気が高い陶磁器メーカー。クリスマスのイヤープレートや、青い小花をレース状に描いたブルー・フルーテッドの食器などが有名だが、19世紀末に釉下彩(ゆうかさい)という技術を確立し、やわらかいパステル調の風合いの作品を生み出してセンセーションを巻き起こした。
釉下彩とは顔料であらかじめ描いた絵の上に半透明な釉薬をかけて焼成する技法のこと。主に吹き付けで着彩するため、淡くにじんだ色彩がニュアンス豊かなグラデーションを形成する。奥行きのある絵画的な空気感を醸し出す釉下彩の表情は、世紀末の人々を虜にし、デンマークや日本をはじめ世界各国でもてはやされた。
この展覧会では、19世紀末から20世紀初頭にかけて欧米で流行したアール・ヌーヴォーの時代に、デンマークから世界に向けて発信された美しく愛らしい釉下彩の数々を紹介する。展示の主役であるいきものの姿をかたどった磁器作品「フィギャリン」は、ミルキーな釉下彩の風合いと動物たちのかわいさが相まって、ロイヤル コペンハーゲンならではの魅力を放っている。

開催概要

  • 会期

    2019.04.202019.08.25
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1,300(1,100)円、小・中・高生 600円、小学生未満 無料

    ※( )内は10名以上の団体料金
    ※音声ガイド無料サービス(小学生高学年以上推奨)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    ヤマザキマザック美術館、中日新聞社
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日、7月15日、8月12日は開館)、5月7日、7月16日

  • 開館時間

    10:00〜17:30 ※土日祝は17:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る