愛知県

企画展 ご即位記念 雅を伝える―宮廷と文化―

古代から連綿と続く天皇家は、時に政権の中枢となり、時には内乱の狭間にと、歴史の波に翻弄されながら、その一方で宮廷のさまざまな行事や儀礼をはじめ、和歌・書・香・雅楽など伝統文化継承の中心的役割を担ってきた。
本展では、5月に予定されているご即位にちなみ、宮廷で育まれてきた文化の諸相を、書跡や絵画作品・調度品・染織品などを通して紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.142019.06.02
  • 会場

    徳川美術館
    http://www.tokugawa-art-museum.jp/
    名古屋市東区徳川町1017
  • 観覧料金

    一般1400円、高大生700円、小中生500円

    ※本館展示室「徳川将軍ゆかりの名刀」展と共通
    ※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
    ※毎週土曜日は小・中・高生入館無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    徳川美術館・名古屋市蓬左文庫
  • 休館日

    月曜日(4月29日~5月6日は休まず開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

塩川コレクション「ロイヤル コペンハーゲンのアール・ヌーヴォー」

1775年にデンマーク王立磁器工場として創立されたロイヤル コペンハーゲンは、日本でも人気が高い陶磁器メーカー。クリスマスのイヤープレートや、青い小花をレース状に描いたブルー・フルーテッドの食器などが有名だが、19世紀末

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る