愛知県

企画展 書で集う ―競うたのしみ 江戸時代の寄り合い書き―

学校や職場で、色紙に寄せ書きを書いた記憶はあるだろうか?きっと絵や文字の配置や贈る言葉を考える楽しみを仲間と分かち合ったことだろう。
書の世界では、何人かで力を合わせて制作した作品のことを、「寄り合い書き」といい、作品が生み出される場や動機によって趣が異なっている。
本展では江戸時代の寄り合い書きをテーマに、画家と公卿らが協同で計画的に作った画帖や、文人たちの交流の中から生み出された書画などを中心に紹介。また、作品づくりに欠かせない書法技術や制作背景にも注目する。
近年話題の、音楽やダンスの要素が加わった現代の「書道パフォーマンス」の作品も展示する。メンバーが気持ちを一つにして、大きな作品を作りあげる過程も必見。

開催概要

  • 会期

    2019.04.272019.06.02
  • 会場

    名古屋市博物館
    http://www.museum.city.nagoya.jp/
    名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
  • 観覧料金

    一般300(400)円、高大生200(300)円、中学生以下無料、市内在住65才以上100(200)円(敬老手帳等の提示が必要)

    ※( )内は常設展との共通料金
    ※名古屋市交通局の一日乗車券・ドニチエコきっぷを利用して来場の方は当日料金より50円割引
    ※障害がある方または難病患者の方は、手帳または受給者証のご提示により、本人と介護者2名まで無料
    ※30名以上の団体は割引あり
    ※各種割引は併用不可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    名古屋市博物館
  • 休館日

    5月7日(火)、5月13日(月)、5月20日(月)、5月27日(月)、5月28日(火)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る