静岡県

美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方

Illustration Dick Bruna © copyright Mercis bv,1989 www.miffy.com

世界中で親しまれている絵本の主人公「ミッフィー(うさこちゃん)」。オランダを代表するグラフィック・デザイナ・絵本作家、ディック・ブルーナの作品だ。考え抜かれたシンプルな線や色彩など、彼独自のスタイルが生まれた背景には、モダン・アートの影響もあった。1997年に出版された絵本『うさこちゃん びじゅつかんへいく』では、両親と一緒に初めて美術館を訪れたミッフィーがアートを楽しむようすが描かれている。
本展では、この絵本の内容に沿って、ミッフィーと一緒にベルナール・ビュフェの作品を見ていく。また、ディック・ブルーナの創作の方法も紹介し、ビュフェとブルーナがそれぞれ追い求めた表現について考える。
実は、1928年生まれのビュフェとブルーナは1才違い。フランスとオランダで同じ時代を生きたふたりの仕事を紹介する。

開催概要

直前の記事

ミッフィーのたのしいお花畑 ディック・ブルーナが描くお花と絵本の世界展

ブルーナの絵本のなかには、いつもさりげなく花や植物が描かれている。本展では、ディック・ブルーナが描く「花」と「植物」に焦点を当て、それらが登場する作品を紹介。シンプルな線と色彩で描かれた花や植物は、絵本を読む私たちの想像

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る