福岡県

高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展 日本の美を極め、世界の美を拓く(福岡展)

公式サイト

世界的に活躍する日本画家・千住博の新作襖絵が、高野山金剛峯寺で長らく白襖となっていた茶の間と囲炉裏の間へ奉納されることなった。
本展ではその完成記念として、奉納に先駆けて紹介する。総延長17メートルの《断崖図》、25メートルの《瀧図》から成る作品は、画家自身が画業の集大成と位置付ける大作になった。
そのほか、初期からこれまでの代表作を展覧する。画業40余年にわたって日本画の新しい可能性に挑み続けてきた、千住博の世界観を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.232019.06.16
  • 会場

    北九州市立美術館分館
    http://www.kmma.jp/bunkan/
    北九州市小倉北区室町1-1-1 リバーウォーク北九州5階
  • 観覧料金

    一般1200円(1000円)、高大生800円(600円)、小中生600円(400円)

    ※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
    ※障害者手帳を提示の方は無料
    ※年長者施設利用証(北九州市交付のもの)を提示の方は2割引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    千住博展実行委員会(北九州市立美術館、毎日新聞社、RKB毎日放送)
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る