広島県

“超絶技巧の木彫アート”前原冬樹 木彫 一木に刻む時の記憶

どこから見ても本物にしか見えない…その精緻で写実を極めた類稀な技巧を超絶技巧と評されることも多い前原冬樹。一つの木の塊から細密にもののかたちを彫り出し、油彩で質感や風合いを表現することで、懐かしくも失われゆく風景や、ものの朽ち果て際の美しさをモチーフに作品をつくり続けている。
1962年、東京都に生まれた前原冬樹は、20代の頃、プロボクサーとして10年間活動。引退後は、32歳で東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻に入学。1998年、卒業制作として絵画と木彫による半立体の作品に取り組んだことを機に、以後、独学で木彫の道を歩む、異色の経歴を持つ作家である。錆び付いた非常階段にそっと置かれた小さな折り鶴、使い込まれた自転車の皮のサドル、皿にぽつんとのせられた梅干し…前原冬樹ならではの感性によって生み出されるそれらの作品をじっと見つめていると、心に降り積もった記憶のかけらを凝縮した風景が鮮やかによみがえってくる。本展は、前原冬樹の初期の作品から最新作まで約40点を紹介する、西日本初の本格的な個展となる。

開催概要

  • 会期

    2019.04.262019.06.30
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1400円(1250円)、高校・大学生700円(600円)、中学生以下無料(中学生は要学生証提示)

    ※常設展もあわせて観覧可
    ※高大生の方は、学生証要提示
    ※障害者手帳をお持ちの方は無料(手帳要提示)
    ※(  )内は有料入館者10人以上の団体料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    ウッドワン美術館
  • 休館日

    5月13日、5月20日、5月27日、6月3日、6月10日、6月17日、6月24日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る