島根県

開館20周年記念展 堀江友聲-京に挑んだ出雲の絵師

島根を代表する近世画家・堀江友聲(1802-1873)の36年ぶりとなる大回顧展。友聲が、諸国遊歴を経て京都の名門海北家の養子となった青年期から、丹後国宮津で勇躍した壮年期、そして出雲国広瀬藩の御用絵師となった晩年期までの各期の代表作、新出の優品を一堂に展示。自筆の記録や下絵など資料類も併せて紹介し、画家友聲の実像に迫る。

開催概要

  • 会期

    2019.04.242019.06.03
  • 会場

  • 観覧料金

    前売企画展・コレクション展セット=一般900円
    当日=一般1000(800)円、大学生600(450)円
    企画展・コレクション展セット当日=一般1150(920)円、大学生700(530)円、小中高生300(250)円

    ※ ( )内は20名以上の団体料金
    ※ 小中高生の学校教育活動での観覧は無料
    ※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料
    ※ ミュージアム・パスポートで観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    島根県立美術館、TSK山陰中央テレビ、山陰中央新報社、SPSしまね
  • 休館日

    火曜日(4月30日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜00:00 ←閉館時間は「日没後30分」 ※展示室への入場は日没時刻まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る