奈良県

茶の湯の美術

喫茶の風習を、多様な分野の美意識を結集した文化へと高めたのが茶の湯だ。時代の変遷につれ、将軍や大名から町人に至るまで茶の湯の文化は広まっていった。
茶人たちは豪華な唐物を愛でるとともに、日常の素朴な器にも美を見出し、新しい道具の創出にも密接に関わった。
日本における美の鑑賞や創造活動に多大な影響を与えた茶の湯の世界へ案内する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.122019.05.19
  • 会場

  • 観覧料金

    一般620円、高校・大学生410円、小学・中学生無料

    ※ 20名以上の団体は相当料金の2割引、引率者1名無料
    ※「障がい者手帳」をお持ちの方と同伴者1名まで2割引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    大和文華館
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館し、5月7日は休館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の60分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

没後200年記念 増山雪斎展

伊勢国長島藩第5代藩主・増山正賢(1754-1819)は、書画に長けた文人大名として、「雪斎」の号で知られている。画は、清の沈南蘋に私淑し、山水人物から花卉草虫に至るまで、数多くの作品を遺した。とりわけ、虫類を真写した博

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る