奈良県

瀬戸正人写真展「旅しないカメラ・・・まだ見ぬ、もう1枚の写真を求めて!」

公式サイト

本展は、国内外で精力的に活躍する写真家・瀬戸正人のシリーズ作品『binran』『picnic』『Cesium』『遺影』『奈良』から構成する。
目の前にあるモノ(被写体)は、その場では普通にあるモノでありながら時には異質であり、不気味であり、儚さを感じさせる。『binran』ではショーウィンドウに飾られたような女性の姿、『picnic』では寄り添いながらカメラを見つめる視線、『Cesium』では植物などの生命力溢れる造形、『遺影』では不自然に軍服を貼り付けた肖像、『奈良』では観光的な風景とは異なる姿。モノは以前からそこにあるのだが、地域性の違い、時間の経過や大きな出来事の前後でモノを見る目は変化する。瀬戸正人の眼を通して作品を見る私たちも例外ではない。
「ひとつの作品は10年以内にまとめることが絶対である」―常に新しいモノを追い求め続ける写真家の姿を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.132019.06.16
  • 会場

  • 観覧料金

    一般500円、高校・大学生200円、小・中学生100円

    ※高校生、小・中学生は土曜日無料
    ※奈良市在住の70歳以上の方は無料
    ※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方(要手帳)とその介護者は無料
    ※団体(20名以上)は2割引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    入江泰吉記念奈良市写真美術館
  • 休館日

    月曜日(4月29日と5月6日は開館)、5月7日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

茶の湯の美術

喫茶の風習を、多様な分野の美意識を結集した文化へと高めたのが茶の湯だ。時代の変遷につれ、将軍や大名から町人に至るまで茶の湯の文化は広まっていった。 茶人たちは豪華な唐物を愛でるとともに、日常の素朴な器にも美を見出し、新し

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る